スポンサーリンク

眠れない時はマッサージの動画を観ると良いよ

こんばんは、ゆーひーです。

昨今では、なかなか寝付けない・夜中に目が覚めてしまう・そもそも生活リズムが狂っているため寝る時間が決まっていない…等々、「睡眠」に関して問題を抱えている方は大勢いらっしゃると思います。

特に、精神疾患をお持ちの方に関しては、実際に話したり、SNSや掲示板等への書き込みを読んだりする限りでは、睡眠についてお悩みの方も多いように見受けられます。

睡眠薬を服用されている方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

かく言う私も、若干昼夜逆転気味なので、(毎日ではありませんが)夜中に寝て昼前後に起きる、という日も珍しくありません。
今のところ睡眠薬は使用していませんが、私が寝る前に服用している抗精神病薬がどうも眠たくなる成分を結構含んでいるようで、結果的には薬に頼っていると言えるでしょう。

しかしそれでも眠れない時はあるわけで、そんな時に私はマッサージの動画を床に就く少し前に観ています。

今回はその件について、軽くお話ししたいと思います(^^)

マッサージ動画を観ると眠たくなってくる

大体想像できると思いますが、基本的にマッサージは気持ちの良いものですので、実際に施術している動画などを観ると「あ~気持ちよさそうだなぁ…」という気持ちになり、次第にウトウトしてきます(笑)

実際、観ているだけでも脳が疑似体験するそうなので、いくらか効果があるのは間違いなそうです。

なお動画は、YouTubeにいくらでも上がっていますので、興味が湧いた方は是非検索されてみてくださいね♪

スポンサーリンク

どういうマッサージの動画が良いのか

動画自体の特徴

マッサージ、と一口に言っても様々なタイプの動画があるので一概には言えません。
個人的には、

  • 施術されている様子がしっかりと見えるもの(要は上手に撮影されているかどうか)
  • 施術者の解説(会話)が必要最小限or全くないもの
  • 動画のBGMが落ち着いた音色でかつ音が大き過ぎないもの(人によっては無音が好きな方もいると思うので、音量はある程度お好みで)
  • 動画の時間が長過ぎないもの(私は5分~10分くらいのが好きです)

といった感じの動画が良いかなーと感じます。
実際よく観ているのも、上記のような感じの動画が多いですね。

マッサージの種類

そしてマッサージにも、多くの種類がありますよね?
まぁこれは完全に好みの問題になりそうですが、私がよく観ているマッサージは、

  • 全身マッサージ
  • 足裏マッサージ(多分一番ハマってます笑)
  • ハンドマッサージ
  • ヘッドマッサージ(ヘッドスパの動画も併せて観る場合があります)

といったところですね。

※以下に各マッサージの画像を載せていますが、全てイメージです。

全身マッサージの様子

全身マッサージは、その名の通り全身に施術するので、お得感というか網羅している感がありますよね(笑)

特に、背中や肩、腰の辺りは気持ち良さそうに思います。

ただ、施術箇所が全身なだけあって、基本的には長めの動画が多いので、ゆっくりと観られる時に観るのが良いでしょう。

足裏マッサージの様子

足裏マッサージは、足裏を中心に施術するものですが、「リフレクソロジー」と呼ばれることもあります。
リフレクソロジーとは何なのか、簡単に言いますと、

リフレクソロジー(英:reflexology)とは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平などを含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こるという考えに基づき、疲労の改善などをはかる療法である。

引用:「リフレクソロジー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。2017年12月8日 (金) 14:37 UTC
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/リフレクソロジー

というものです。

足裏(部位によっては足の甲も)は、身体の各部位(内臓など)に対応した反射区と呼ばれるゾーンで区分されており、そのゾーンを押せばそこに対応した身体の部位にも反応が起こり、その部位の状態が良くなる、というのがリフレクソロジーの考え方です。
(たとえば、腸に該当する反射区を押せば便秘等に改善が見られるなど)

といっても、このリフレクソロジーの効果に関しては科学的根拠が乏しいという指摘もあり、丸々信じてしまうのはどうなのかな…?といったところですね(^_^;)

ただ個人的には、たとえば「ちょっと便秘気味かな?」という時は大腸の反射区を押すと結構ゴリゴリしていたり、一日中考え事をしていた日は頭の反射区を触ると痛かったり、といった経験もあるので、(完全に私の気のせいでなければ)全く無関係とは言えない気もします。

いずれにせよ、足裏マッサージをすることで足裏の疲れがある程度取れるのはもちろん、血行が良くなったりリラックス効果はあるので、何も効果がないということはまずありません。

反射区に興味がある方は、画像検索か何かで「足裏 反射区」等で検索すれば、反射区の図がたくさん出てくるので、参考にされてみてください(^o^)

ハンドマッサージの様子

ハンドマッサージもかなり好きです。

手は自分が思っているよりもずっと疲れが溜まっている部分なので、実際に施術を受けてみるとかなり気持ちが良いのではないかと思います。

手の平や甲はもちろん、腕にも相当疲れが溜まっているように感じますしね。

私は、たまにですが、手をグーにして親指以外の四指の第二関節で、(もう片方の)腕を流すようにマッサージしたりしています(笑)

なお余談ですが、先述の反射区は手にもあるそうですよ~。

ヘッドマッサージの様子

あとはヘッドマッサージですが、こちらもかなり誘眠作用があるなと個人的には感じます。

詳しくは知りませんが、頭にもたくさんのツボがあるそうですからね。

それを知らなくても、単純に心地良さそうなので観ています(笑)

とまぁ私が主に観ているマッサージ動画は、以上のような感じですね。

他にも、顔や目(の周り)、耳などのマッサージもありますし、全身をバキバキ言わせる整体の範疇に入ってくるものなど多々ありますので、お好みに合わせてご覧になると良いかと思います♪

スポンサーリンク

最後に注意点を…

ここまで、就寝前にマッサージ動画を観ることをお勧めしてきましたが、動画の内容云々以前に、寝る前にパソコンやスマホなどの画面を見るのは良くないというのは、よく言われていますよね…スマホやパソコンのディスプレイイメージこれは紛れもない事実で、スマホ等のディスプレイから発せられるブルーライトという光は、より良い睡眠には欠かせないメラトニンというホルモンの分泌を抑制してしまいます。

…眠りやすくなるための提案として(マッサージの)動画を観ることを勧めているのに、動画を観る行為自体が睡眠に悪影響を与えるだなんて、矛盾も甚だしいですね(T_T)

ですがもちろん、工夫によってブルーライトの影響を軽減することはできます。

ブルーライトカットのメガネをかけたり、ブルーライトを軽減させる保護フィルムをスマホに付けたりなどですね。

※この↑保護フィルムは任意の大きさに切って使うタイプなので、色んなサイズのスマホ等に使用できます。

また、ディスプレイ自体の明るさを変えるという方法もあります。

あとは、ディスプレイからある程度離れて観ればそこまで大きな影響もないようです。

参考までに私は、パソコンのブルーライトの光量を低めに設定していますし、スマホは常時ブルーライトカットモードにしています。
加えて、スマホだとどうしても画面との距離が近くなってしまうので、寝る前に動画等を観る時はパソコンだけしか使っていません。

とはいえ、今の時代(特に若い方は)寝る前にパソコンやスマホを見るのが習慣化している方も(私を含めて)少なくないでしょうから、なかなか難しいところではありますけどね…

というわけで、寝る前にマッサージ動画を観る際は、

  • 毎日ではなく、特に眠れない時だけにしておく
  • パソコンやスマホ等のディスプレイの光を(ブルーライトが少なくなるよう)調整する
  • ブルーライトをカットしてくれるグッズやアイテムを使用する
  • あまり画面に顔を近づけない

といった工夫をした上で、行うのが良いでしょう。

それとせっかくなので、身体の内側からも対策を講じたい方は、ブルーライトの影響を軽減できる「ルテイン」という成分が含まれたサプリメントを活用するのもお勧めです。

朝のルテイン&プラセンタ

若干趣旨が変わってしまいましたが、(マッサージ動画に限らずとも)ディスプレイを見る頻度や時間が著しい方は、これらの対策をするに越したことはありません。

話を戻して…誘眠目的に限って言えば、元々問題なく眠れる方はもちろんわざわざ観る必要はないですよね(笑)

ただ、別に寝る前じゃなくても癒しを求める方は、是非マッサージ動画をご覧になってください(^^)

ではでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク