スポンサーリンク

診察の際はどんなに些細な事でも精神科医に話す意義はある

診察

こんばんは、ゆーひーです。

冬なので当然ですが、寒い日が続きますね~…

しかもずっと寒いわけではなく、結構なハイペースで「ひどく寒い期間」と「比較的暖かい期間」が繰り返されているような気がします(^_^;)

お互い体調を崩さないよう気をつけたいものですね(>_<)

さて今回は、精神科やメンタルクリニックにおける診察について取り上げています。

診察の際に特に話す事がない場合もある

私を含め、精神疾患をお持ちの方は(入院されている方を除いて)定期的に精神科・メンタルクリニックへ通院されている方が非常に多いかと存じます。

ただ、通院を繰り返す中で「(先生に)何も話す事がない時がある」方もいらっしゃるのではないでしょうか?

通院の度に主治医の先生に話す内容が尽きない方は別として、長期間の定期通院を続けていると、どうしても「今回は前回の通院からこれといって変わった事もないし、先生に話す事も特にないな~」という場合が時にはあるのではないでしょうか。

そのため、あくまで例ですが


先生「お変わりはありませんか?」

患者「特にないです」

先生「そうですか。ではいつものお薬をお出ししておきますね~」


みたいな感じで、あっという間に診察が終わってしまうこともあるように思いますw

少々極端な例ですが、まさに上記のような感じがデフォだという精神疾患持ちの知人もいるんですよね…

私も同様な感じの診察になったことは少なからずありますので、決して有り得ない例ではないでしょう。

主治医にもよりますが、患者の方から何もなければ取り立てて何も言ってこない先生もいらっしゃるのは確かです(私の主治医とかw)。

そりゃ患者から何も言ってこないのでは、(特に頻繁に通院している場合は)主治医としても何とも言いようがない、という気持ちは分かります。

そのため結果的に、薬を出してもらうためだけに診察を受けに来た、ということになるのもある意味しょうがないと言えるでしょう。

…が、それでもせっかく病院に訪れて受診料を支払うのですから、それだけじゃちょっと勿体ないな~という本音が湧く時もありますw

スポンサーリンク

どんなに細かい事でも話してみよう

そこで、どんなに些細な事でもいいので毎回最低1つは主治医に相談したい事・尋ねたい事を事前に考えておくというように、私はしています。

何か早急に相談すべき重大事項などがある場合は当然その件を話しますが、本当に取り立てて主治医に話す事がない時は、かなり細かい事でも相談したりしています。

たとえば、睡眠時間が長い日と短い日の差が激しいとか、最近間食が増えたとか、ちょっとした事でイライラするようになったとかですかね。

何か身体症状があれば、その件も大体は伝えています。

特に、思わしくない変化や不調を自覚する場合は、必ず統合失調症との関連についても尋ねたりしています。

また、最近興味を持っている物事や交友関係に関する事、その他最近あった出来事についての他愛ない話など、(他人からすれば)どうでもいい話をする時もあります。

こちらに関しては病気とはそれほど関係がないように思えますが、重要なのは話の内容ではありません。

というのは、精神科医はその性質上(よほどのヤブ医者でなければ)、患者が話した些細な事からも、現在の状態や以前と比較した変化などを読み取っていることが往々にしてあるからです。

身体疾患を診る場合は、問診に加えて各種検査などを通して、ある程度客観的な根拠を基に診断を下すことができます。

一方精神疾患の場合は、(特に精神面の症状に関しては)基本的に患者への問診や患者との対話を通してしか、その病状を判別することができません。

このため、患者が話す些細な内容の重要性は必然的に高くなりますし、患者が発した何気ない言葉がきっかけで思わぬ症状に気づく場合もあり得るでしょう。

もしくは、治療に用いている薬の悪影響を見抜くこともあるかもしれません。

以上より、「こんな病気に全然関係なさそうな話をしてもしょうがないよね…」などとは決めつけずに、どんな細かい事でも話してみる意義はあると私は考えています。

長期に渡って主治医のお世話になることが多い精神疾患の場合は、主治医との信頼関係がより大切になってくるでしょうからね。

もちろん、主治医と本当に相性が合わないと感じたり、診察の度に非常に不快な気持ちになるようであれば、通院先の変更も検討しなければなりませんが…

ともかくも、実質「薬を貰うためだけ」の通院になっていることが多くて、そこにモヤモヤした気持ちがおありであれば、ごく些細な事でも話すようにすることで、少しは良い変化が起きるのではないでしょうか。

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク