スポンサーリンク

甘酒と豆乳を混ぜると思ったよりも美味しかった。

甘酒 イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

皆さんは、「甘酒」と「豆乳」という飲み物はよくご存知ですよね?
それぞれ美味しく健康にも良い飲料ですので、愛飲していらっしゃる方も多いかと思います。

今回は、「その2つを混ぜて飲んでみたら美味しいよ!」というだけのお話です(笑)

私は元々その発想がなかったのですが、以前就労移行支援事業所の先輩に教えてもらって試してみたところ、思ったよりも美味しかったのでびっくりしました。
それ以来今でも時々飲んでいます(*^_^*)

とは言え、ただ「美味しいよ!」だけ連呼して終わっても何ですので、甘酒と豆乳それぞれについても触れながらお話ししいたいと思います。

甘酒について

まずは甘酒についてですが、甘酒には大きく分けて二つのタイプがあることはご存知でしょうか?

タイプによって原料や味が違いますし、含まれている栄養素にも細かな違いがあるようです。

それぞれに分けて簡単に見ていきましょう。

※リンクしてある商品は一例です。

酒粕の甘酒

一つは、酒粕を原料とした甘酒です。

こちらは、酒粕を水(お湯)で溶いて砂糖を加えたタイプのものですね。
酒粕を使っているのでアルコールが(ごく僅かですが)含まれており、砂糖を入れているため甘味も強いです。
市販の酒粕を買ってきて、お手軽に自分で作ることもできますね(この場合、砂糖を入れないと飲みにくいのではないかと思います)。

色々な栄養素が含まれていますが、中でもたんぱく質や食物繊維などの含有量は、米麹の甘酒よりも多いようですね。
加えてビタミンB群も豊富に含まれていますので、美容・健康にも良いのではないでしょうか。

ただ、先述のように微量ながらアルコールも含まれているので、その点は注意です。

米麹の甘酒

もう一つは、米麹を原料とした甘酒です。

こちらは、蒸した米に麹菌を繁殖させてできる米麹を使ったタイプのものです。
アルコールが含まれていないため、お子さんでも安心して飲むことができます。
また、お米のデンプンが分解されて糖分になっているので、何か加えるまでもなく自然な甘さがあります。

素早くエネルギー源となるブドウ糖や、腸内環境を整えるオリゴ糖が多く含まれているのが特徴ですね。
こちらの甘酒は含まれる栄養素の種類が非常に多く、ビタミンB群はもちろん、全種類の必須アミノ酸なども含まれています。

ちなみに「飲む点滴」と称されているのは、こちらのタイプの甘酒のようですね。

どちらを飲むかはお好みで

といったように、2つの甘酒で色々と違いはありますが、どちらにしても栄養豊富で美味しい飲み物であることに変わりはありません。

含まれる栄養素の違いによってどちらを飲むか明確に決めている場合は別ですが、そうでなければお好みで選んでも良いでしょう。

もちろん私も両タイプとも飲んだことはありますが、単独で飲んでも豆乳と混ぜて飲んでも美味しく頂けましたよ(^^)

スポンサーリンク

豆乳について

そして、豆乳ですね。

豆乳も、体には嬉しい成分を多く含む飲料としてよく知られていますよね。

体の組織を作るのに欠かせないたんぱく質が豊富に含まれていますし、美容に良いとされている大豆イソフラボンを多く含んでいます。
細胞膜を構成する成分である(大豆)レシチンや、抗酸化作用を持つ(大豆)サポニンも含まれています。

ただ、豆乳(大豆イソフラボン)を過剰摂取するとホルモンバランスの乱れなどにも繋がるようなので、飲み過ぎには注意ですね(問題が生じるほど大量に飲んでいる人はそうそういないとは思いますが…)。

あと、豆乳には無調整豆乳と調製豆乳があるのはご存知ですよね?

無調整豆乳は、大豆と水だけでできている絞ったまんまの豆乳です。

調製豆乳は、豆乳に砂糖などを加えて飲みやすくしたものです。

無調整豆乳の方が含まれている大豆成分は多いので、より豆乳の効果を得たいのであればそちらを選んだ方が良いでしょうね。
一方飲みやすさを優先するなら、無調整豆乳と比べて味を調えてある調製豆乳がおすすめです。

私は(料理等に使うのではなく)そのまま飲むなら飲みやすい方が良いので、調製豆乳を飲むことが多いですね(^_^;)

スポンサーリンク

甘酒と豆乳を混ぜて飲む

で、ここで最初の「甘酒と豆乳を一緒にして飲むと美味しい」という話に戻ります。

飲み方としては、これもお好みで…としか言いようがないですね(笑)
あ、それぞれどのくらいの割合で混ぜるか、という話です。

あくまで甘酒の味わいをメインにしたい場合は甘酒の割合を多くし、甘酒が少し苦手な場合は豆乳を多くするといった感じでしょうか。

私はどちらも好きなので、それぞれ大まかに1:1の割合で混ぜて飲むことが多いです。
豆乳が加わることで口当たりがまろやかになって、なかなかに美味しいですよ(^o^)

既に述べたように甘酒も豆乳も栄養価が高いですから、何かと体調を崩しがちな今の時期にも良いのではないでしょうか。
寒い時期だと、温めて飲むと良いですね♪

例の先輩に教えてもらわなければこの発想自体浮かばなかったので、その方には感謝ですね(笑)

というわけで、今回は唐突な甘酒と豆乳のお話でした(^^)

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク