スポンサーリンク

夏に向けて個人的に最も心配しているのは湿疹です。

湿疹 イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

6月に入ってから1週間が経ち、梅雨入りした地域もかなり増えましたね。
少々例年より早い気がしますが、完全に梅雨の時期になったと見ていいでしょう。

そして、梅雨が明けるとあの真夏の暑さがやって来るわけですが、その夏に向けて私が最も憂慮している事があります。
それは湿疹です。

私は以前からかなり敏感肌で季節を問わずちょこちょこ湿疹ができていたのですが、振り返ってみると夏に最もひどく出ていたように思います。
ですので、個人的にはその意味で夏が本格化していくことに不安を覚えます(*_*)

夏に湿疹ができやすい箇所

まず、私が夏によく湿疹に悩まされている体の部分についてです。

これまでよく湿疹ができていたのは、首、肘・膝の裏側、お尻あたりですかね…
他にもできやすい部位はありますが、夏によく湿疹ができるのは今挙げたところです。

まぁいずれも汗で蒸れて痒くなりやすい箇所ではありますよね(^_^;)
暑い季節になると、大抵の場合首はべたつきますし、膝や肘の裏なんて最も蒸れやすい部分の一つでしょうからね…
お尻に関しても座っている時間が長いとやはり蒸れますし、私の場合は移動時に自転車に乗ることも多いのでなおさらですね。

私はあまり汗をかく方ではないのですが、なにぶん敏感肌なのですぐに痒みを感じて湿疹になってしまうことが多いのです。

スポンサーリンク

夏の湿疹の原因と対策

というわけで、そんな私が現時点で知っている夏の湿疹の主な原因と対策についてです。
二点に分けて簡単に記載しています。

汗による影響

上でもちらっと触れましたが、汗による影響は最も大きいと言っていいでしょう。

汗自体の成分によっても肌は刺激を受けますし、汗をかいたところは雑菌が繁殖しやすいのでそれが痒みを引き起こすこともあります。
蒸れて汗腺が詰まると、汗疹(あせも)ができたりもしますよね。

対策としては、やはりこまめに汗を取り除くことです。
汗をかいた時はできるだけ早く拭き取るなどして、放置しないようにしたいものです。

私の場合は、多分あまり汗をかかないことが災いしちゃってる気がするんですよね(@_@)
そのために「今汗をかいている」と自覚することも少ないわけですが、実際は自分で自覚しにくい程度には汗で蒸れたりしていたのでしょう。
そういう中途半端な感じ故に汗への対処がなおざりになって、(敏感肌であることも手伝って)痒みや湿疹を引き起こしていたのかもしれません…

あとは、予防の意味合いで通気性の良い服を着たり、室内ならエアコン等で室温を快適に保つのは言われるまでもないですよね。

汗っかきの方は以上のような対策は必須でしょうし、そうでない方も私のような残念な例にならないようしっかりと対策を取られてください(^_^;)

乾燥

意外に思われるかもしれませんが、夏も乾燥には要注意です。

上で「エアコン等で云々」言いましたが、エアコンが常時使用されている部屋は結構乾燥しているようです。
暑い日には欠かせないエアコンですが、過度に頼り切ったり風の当たりやすい所に長時間いるのは避けた方が良いでしょうね。

乾燥は当然痒みなど皮膚への悪影響を及ぼしますから、乾燥とは一見縁遠そうな夏でも十分に注意したいですね。

スポンサーリンク

湿疹がひどくなった時はしっかりとした処置を

「しっかりとした処置」とはまぁ、事実上皮膚科にかかることになるでしょうか。

痒みが強くて湿疹がひどくなったりした際は、そのままにせず皮膚科で診てもらいましょう。
私も何度お世話になったか分かりません(笑)

ただ、近年は上記の事も含めてそれまで以上に気をつけるようにしているので、皮膚科に訪れることはあまりなくなりました。
今年も不安ではありますが、引き続きばっちり対策をして湿疹に煩わされない夏を過ごしたいものです。

湿疹等ができやすい方は、どうかこれからの季節もお気をつけくださいね。

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク