スポンサーリンク

強いストレスを感じると陽性症状が出ることは今でもあります。

陽性症状 妄想 イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

これまで私の統合失調症の症状に言及してきた中で、「陽性症状はほぼ落ち着いている」みたいな事を何度か言ってきたと思います。
もしくは、陽性症状に言及すること自体が少なかったので「この人はもう陽性症状は出ていないんだろう」とお察しの方もいらっしゃるでしょう。

確かに、最も酷かった時期と比べると断然落ち着いているのは事実なのですが、実は今でも稀に陽性症状と思しき状態になることがあるのです。

今回は、自分の状態を見つめ直す意味合いでまとめております。

強いストレスを感じた時に妄想等の症状が出る

まず私の陽性症状は、統合失調症の体験談等をご覧いただいても分かるように「注察妄想」が中心でした。

※注察妄想・・・常に誰かに見られている、(隠しカメラなどで)監視されていると思い込むもの

ですので、以後出ることがある妄想もその類のものが中心です。

ただその「陽性症状が出る」と言っても今では本当に稀なのですが、(常に出ていた時期を除いて)どういう時に出ているのだろう?と改めて振り返ってみました。

すると、「何か強いストレスを感じた時に出ることがある」ように思えました。

直近の例を挙げると、大勢の人がいる中に長時間いなければならない時があったんですよ。

ある時、家族・親族で出かけていたのですが、思わぬ都合ができてその内の3人が途中でしばらく離脱することになったのです。
その都合がどのくらいで終わるのか正確には分からなかったので、私を含めた残りのメンバーは止む無く近くの大きなカフェで待っていることにしました。
その日は休日だったので人が物凄く多く、席はたまたま空いていましたが、常時ガヤガヤした所のど真ん中でしばらく待つ羽目になったのです。
結局2時間程待って合流し、当初の予定だった用事を済ませて帰宅しました。

その時はそこまで意識していませんでしたが、今考えるとあの待っている時間がかなりストレスになっていたように思います。
元々人がたくさんいる所は苦手なのに、人・人・人!で騒々しい所で約2時間過ごすことになったわけです。
加えて、一緒だったのが何しろ家族&(よく会っている)親族だったので、長時間を潰せるほど会話で盛り上がれるようなこともなく、手持無沙汰気味になっていた点もあるでしょう。
結果、それが私にとってはなかなかのストレスになっていたようです。

で、その日の(帰宅した後の)夜に例の注察妄想が出てしまったのです。
当分の間収まっていて浮かんでくることがなかったのに、急に出てきました。
ここで言う「妄想」は、もちろん俗に言われている妄想のように現実との区別が明確なものではありません。
実際、何をどう考えても取り払うことができませんでしたからね…

幸いなことに、薬を飲んでしっかり寝て休むことで翌日にはどうにか落ち着きました。

連日のように妄想に憑りつかれていた頃と比べると、一過性で大したことないように思えるかもしれません。
ですが、治療を続けて落ち着いてきたはずの今でさえ、何か強いストレスを感じた出来事があった日はこのような事がしばしばあるのです。

後から振り返って、「なんであの時また突然あんな思い込みが出てきたのだろう?」と自分の事なのによく分からない気持ちになります…
「(状態的に)これもう大丈夫なんじゃないか?」と思い始めた時に出てきたりするので、「もう早く解放してほしい!」と嫌になってしまいますね…

※ちなみに、同様の事はこれまでのどの薬を服用していようと起きていたので、薬の変更による直接的な影響は考えにくいです。

スポンサーリンク

寛解までは今少し遠いようだ

以上の件は、もちろん主治医にもこの間既に相談しています。

主治医によれば、やはり私は(ストレス等に)敏感すぎるようなので、そこを克服していくことが今の私に必要な事であるとのことでした。
そうすれば薬の量もさらに減らしていけるでしょう、とも…

「じゃあそのためにはどうすればいいんですか?」というのは訊けないまま診察は終わってしまいましたが(次の診察の際に訊きます)、やはりそこなんですよね…

少なくとも、(どうしても避けられない場合は別として)大きなストレスを抱え込んでしまうような無理をしない、というのは徹底しようと考えています。
今回の例の件は状況的に不可抗力な部分がありましたが、無理をしないよう意識することで、陽性症状が(たとえ一時的でも)ぶり返す回数自体は減少傾向にあるように思います。
この病気はストレスをきっかけに急性期の状態に戻ることもあるようなので、そこは気をつけていきたいものです。

ともあれこのような事が今でもある以上、「寛解した」と判断するのはまだ早そうです。
自分ではもう大丈夫なんじゃないか?と思う時もよくあるんですけどね…

ただ今回の件はともかく、意欲やら認知機能やらも含めた全体的な状態としてはこれまでで最も良い実感はあるので、まだ時間がかかろうともより調子が良くなっていけたら…と思うばかりです。

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク