スポンサーリンク

当ブログの人気記事ランキングTOP10を発表します。

トップ10 イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

連休も終わり、令和に入って10日以上が経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は普段と変わらぬ日々を送っております。
連休中も地活のちょっとしたイベントに参加したくらいで、これといった事はしていませんね(笑)
ブログもあまり意識しないまま過ごしていたら、気がつけば元号が変わって何日も経ってしまいました…

したがってこれが令和最初の更新となるわけですが、今回は当ブログの人気記事(アクセスの多い記事)TOP10を発表したいと思います!

…いや、令和一発目の記事ということで何かいつもとは違った内容を書きたかったんですよ。
で、何を書こうか考えた時に、これまであまり話題にしてこなかった当ブログそのものの話をしたいと思ったんですよね。
中でもアクセス等については、今までほとんど触れてこなかったはずです。

そこで今回は、ちょっと企画っぽい感じで「人気記事TOP10」を発表してみることにしたのです(^^)

ちなみに、「人気記事TOP10ならトップページにあるじゃん!」と思われた方もいるでしょう。
それはその通りなのですが、あれの集計期間は直近1ヶ月に設定してあるんですよ。

今回発表しているのは、このブログを開設してから現在までの累計アクセスに基づくランキングなのです!

当ブログでは、一体どんな記事がよく読まれているのか。
具体的なアクセス数までは書いていませんが、以下で上位10記事を取り上げて簡単にコメントしているので、ご興味のある方はご覧ください♪

人気記事TOP10

では早速、10位から順番に発表していきたいと思います!

10位

まず、10位に入ったのはこちら。

昨日メンタルクリニックに通院した際、私が服用している抗精神病薬をおよそ1年ぶりに変更しました。変更前の薬でもかなり安定はしていたのですが、やや気になる点もあったので再度変更に踏み切りました。その件について、備忘録ついでにざっと記述しています。

昨年の2月に、服用する抗精神病薬を「セロクエル(クエチアピン)」から「ルーラン(ペロスピロン)」に変えた時の話ですね。
後半では、抗不安薬についてもちらっと言及しています。

抗精神病薬の変更というのは、何と言っても服薬している当事者からすれば非常に重要な事なので、同病の方を中心に関心を持っていただいたものと思われます。

現在もルーランを服用しているわけですが、あの変更からもう1年以上経つのですね…
変更当時はどうなるか不安もありましたが、現状今まで服用してきた中では最も自分に合った薬だと感じているので、思い切って変薬して良かったと思っています。

今後も何か大きな変更があったら、当ブログでまた言及するつもりです。

9位

続いて、9位はこちら。

障害福祉サービスの一つである「就労継続支援A型」について、利用経験者としてひと通り解説をまとめてみました。このサービスの利用者は「労働者」という性格も持ち、仕事内容は事業所によって多岐に渡ります。その点は簡単に触れるに留めて、主に手続きの手順等を記載しています。

障害福祉サービスの一つである「就労継続支援A型」について、サービスの内容や利用手続きの流れなどを解説した内容ですね。

検索から見に来られる方が多いようで、今でも継続的にアクセスを集める記事となっています。

同記事にも書いていますが、サービス利用までの流れがなかなかに複雑なので、書くのに結構難儀した記憶があります…
あくまで素人解説ではありますが、少しでもお役に立っているのなら幸いです。

私も今後またA型事業所を利用する可能性はありますので、その時には改めて見直したいと思います。

8位

次に、8位はこちら。

以前まで自分の中で明確な区別が曖昧だった「向精神薬」と「抗精神病薬」の使い分けについて、手短ではあるもののまとめています。両者が正確な意味としては違うものであるとの認識は持っていたのですが、ちゃんと目を向けたのは割と最近なので、整理する意味合いで取り上げてみました。

響きの似た用語である、「向精神薬」と「抗精神病薬」の区別についてまとめた記事になります。
両者の違いは今でこそはっきり分かっているつもりですが、当初の私はその辺の区別が曖昧だったんですよね…

しかし同様の疑問をお持ちの方は思ったよりいらっしゃるようで、こちらの記事も検索から非常に多くの方が見に来られています。

一度知れば何てことはないのですが、紛らわしい名称なので気になりますよね(^_^;)

「わざわざ書くほどの事じゃないよね…」と最初は思いましたが、予想外のアクセスを呼んでいる今、書いてみて良かったと思っています(笑)

7位

7位はこちら。

「統合失調症」と診断されて5年目に入りましたが、最近になって初めてその主症状の一つである「認知機能障害」による不調を実感したので、その件について記載しています。現時点では主治医等に明言されておらず、私の独断・主観による内容となっておりますので、その旨予めご了承ください。

統合失調症の主要な症状の一つである「認知機能障害」について、私が初めて自覚した時の事を書いたものですね。

この病気の主だった症状に言及しているわけですから、当ブログの中でアクセスを集めるのも頷けます。

中身としては、具体的にどういった自覚症状・不調があったのかをまとめています。
書いた当時からちょっと時間が経っているので何とも言えない部分はあるものの、この記事に書いた中で現在も感じている不調はあります。

それが認知機能障害に該当するかどうかは、今でもはっきりとは分からないんですけどね…

ただ、これを書くことで自分の状態を見つめる機会にもなったので、今後とも見返していきたいですね。

6位

6位は、こちらになります。

私がこれまでに服用して経験してきた抗精神病薬の副作用について、服薬の変遷に沿ってお話ししております。抗精神病薬を服用している当事者の一事例として、参考にしていただければ幸いです。※特定の薬やその製造者・販売者等を非難する意図は一切ありません。

私がこれまでに経験してきた抗精神病薬の副作用について、服薬の変遷とともに振り返った内容になっています。

公開当初からよく読まれており、副作用への関心が高い方が多くいらっしゃることが窺えます。

私に生じた副作用を薬の名称も出して詳細に記しているので、一部の薬について怖い印象を与えてしまったかもしれませんね…
ですが、どの薬で誰にどんな副作用が出るかは本当に千差万別なので、ここに書かれた事に過度にとらわれる必要はありません。
私には合わなかった薬が別の人にはすごく合っていた…なんて事は当然ありますし、逆も然りですからね。

あくまで一個人の使用経験として、参考程度にご覧いただけたらと思います。

できればないことを祈りたいですが、もしまた新たに副作用を感じることがあれば、その都度追記していくつもりです。

5位

ここからは、TOP5になります。
5位はこちら。

音楽を聴く際、落ち込んだり気持ちが沈んだりする時は気分が明るくなるような曲を聴こうと考えがちですが、そこを敢えて暗い曲調の楽曲を聴いてみることを提案しています。マイナスに傾いた自分の感情に外からマイナスを掛け合わせることで、思わぬ(良い)結果が待っているかもしれません。

ここまでで登場した記事から考えると、ちょっと異彩を放っていますね(笑)

気持ちが沈む時・落ち込んでいる時などにむしろ暗い曲を聴くと良いのではないか?という私見を綴ったものです。

当ブログでは古い記事なので累計アクセスが多くなるのは分かりますが、何故だかよく読まれているんですよねw
内容に共感していただいている方が多いのでしょうか…

もちろん今も同記事に書いた意見に変わりはなく、暗い曲を浸り込むように聴くことは時々あります(^_^)

お勧めの作品も挙げていますが、一つだけしか紹介していないのでもう少し追加した方がいいかもしれないですね。

4位

続いて、4位はこちら。

各省庁の障害者雇用水増し問題を受けて実施されることになった、国家公務員・障害者選考試験の詳細が先日全て明らかになりました。精神障害者であり元公務員志望者でもある私が、今回の試験について気になるポイントを簡単にまとめています。私自身の受験意向にも触れています。

今年の2月から3月にかけて実施された、初の国家公務員・障害者選考試験の(事前に分かっていた範囲での)情報をまとめた記事です。

TOP10の中では最も新しい記事なのですが、試験前~合格発表前後の時期で凄まじいアクセスを集め、4位に食い込んできました。
この試験への関心がいかに高かったかが分かりますね…

私自身は試験を受けてはいませんが、公務員試験経験者として知っていた事も交え、気になるポイントについて書かせてもらった次第です。

当該試験は終了していますが、今年度にまた障害者対象の試験が実施されるようですね。
余裕があればそちらについても、同記事に追記するなり新しく記事を書くなりするかもしれません。

3位

いよいよベスト3です!
3位はこちら。

新しい抗精神病薬である「レキサルティ」(一般名:ブレクスピプラゾール)がつい先日日本で発売になりました。記事内で特に解説はしておらず、私自身も服用の予定はありませんが、私が統合失調症の診断を受けて以降新薬が出たのは初めてなので取り上げてみました。

2018年4月に発売された抗精神病薬である「レキサルティ」について、発売後間もない頃に取り上げた記事ですね。

新薬が出たとあって当事者の方々を中心に関心が持たれるのは当然で、同記事もたくさんの方に見ていただいたようです。

ただ…この記事は、単に「レキサルティが発売されたようですね」というのを伝えただけの内容なんですよね(^_^;)(自分の服用の意向についても書いてはいますが)
特に詳しい情報が書かれているわけではないので、今見ても得られるものは特にないと思います(笑)

今はもうこの薬が出て1年以上経っていますから、実際に服用した方の感想などが探せば見つかるのではないでしょうか。
私は抗精神病薬を変える予定は現状ないので、この薬についても今後話題にすることはおそらくないでしょう。

2位

2位にランクインしたのは、こちら。

私ゆーひーの、統合失調症の症状や経過を含めた体験談を記載しています。完全に個人的な経験に基づいた内容ではありますが、発症から現在に至るまでの病状の経緯を包み隠さずお話ししておりますので、当事者の生の声の一つとしてお捉えいただければと思います。

タイトルの通り、私の統合失調症の体験談を記したものです。

当ブログの性質からして、この記事が上位に入るのはまぁ当然ですよね。
ブログを開設してすぐの頃に書いた記事でもありますし。

私の経験した症状や発症してからの経緯を、時系列に沿って包み隠さずお話ししています。
あくまで無数にある事例の一つに過ぎませんが、「こういう例もあるんだな」と何かの参考にでもなれば幸いです。

現在も統合失調症の当事者である以上、今後の経過によって書き加えることもきっとあるでしょう。
当ブログの根幹とも言うべき記事として、これからもまめに見直していきたいですね。

1位

さて…いよいよ1位です。

全体的に何らかの形で病気に関連する記事が多くを占めた中で、ぶっちぎりのトップとなったのはこちら。

テレビドラマが好きな人の心理について、私が考えるところを綴っています。私の両親が非常にテレビドラマ好きなので、その好きっぷりが以前から気になっていました。特にこれといった根拠等はなく私の独断に満ちた内容ですので、お暇な時にでも気軽にご覧ください。

テレビドラマをよく観る人の心理面について、個人的に考えた事を書き記したものです。

正直これがこんなに閲覧されることになるとは当初は全く思っていなかったので、ただただ驚いています…
トップページの過去1ヶ月間のランキングでも、ここのところずっと1位を維持していますし(@_@)

ここまで見られることになった理由は、検索流入にあると見て間違いないでしょう。
いくつかのワードの組み合わせで、かなり上位表示されちゃってるんですよね…

現時点では、「ドラマ好き 心理」とか「ドラマが好きな人 特徴」等で検索すると、一番上に出てきますからねw
SEOとか未だによく分からないですし、狙って書いたわけでもないのですが…

そもそもこの記事は、あまりにもしょっちゅうドラマを観ている両親のことを半ばネタにする意味合いで書いたものなんですよね(笑)
だから、自分としてはすごく軽い気持ちで書いたんです(>_<)

それが上位表示されるんですから、ネットって分からないものですよね…

今後はアクセス面でこの記事を超えられるものを、できれば書きたいところですね(^_^;)

スポンサーリンク

終わりに

以上、当ブログの累計アクセス上位記事TOP10でした!

1位の結果がちょっと不本意だったので、正直複雑な気持ちですw
まぁこれが事実なので仕方がありませんが…

先述の通り、全体的にはやはり病気に関係する内容のものが多かったですね。
一応(一部を除いて)当ブログの趣旨に見合った形にはなったでしょうか。

こうして時にはアクセス面からブログを見てみるのも、面白いものですね♪
物凄く力を込めて書いた記事があまり読まれないこともあれば、気軽に書いた記事が思わぬアクセスを集めることもあるわけですから(笑)

まぁ今回は特別であって今後もアクセスを気にして書くことはないと思いますが、気ままに運営していく中でどうなるかは、これからも観察していきたいと思います(^^)

こうやって振り返ることができるのも見に来てくださる方あってこそなので、皆さんには感謝しています。
本当にありがとうございますm(__)m

これからもマイペースを崩さずに運営していくつもりですので、もしリピーターさんがいらっしゃるなら、今後ともいらしていただけると幸いです。

令和もどうか、よろしくお願いいたします!

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク