スポンサーリンク

歯磨きに歯ブラシだけしか使っていない人は要注意!

こんばんは、ゆーひーです。

今回は「歯磨き」をテーマとして取り上げています。

歯を磨く際に「歯ブラシ」を使用するのは当然ですが、歯ブラシ「だけ」しか使っていない場合は、注意が必要と言えます。

何故なら、歯ブラシだけでは十分に口内の汚れを除去できないからです。

本記事ではそのあたりの詳細についてお話ししておりますので、思い当たる節がある方は是非ご覧ください。

面倒でも欠かすわけにはいかない歯磨き

まず前提的なお話ですが、皆さん毎日歯磨きをされていますよね?

もちろん私もしていますが、地味に面倒だと思う時もあります。
とは言えもはや習慣と化しているので、面倒だからサボることはまずありませんし、大多数の方も同様ではないでしょうか。

ただ、1日にいつ何回磨くのか、という点では個人差があるでしょう。
朝・寝る前だけの人、その2回+毎食後に磨く人等々…

まぁ後者の方が理想的ではありますが、そこまでは無理!という方もいらっしゃるでしょうし、人によって虫歯や歯周病等のなりやすさも異なるので、自分の状態に合わせた上で最低でも朝&寝る前だけでも磨けば良いのではないでしょうか。

しかし、特に寝る前の歯磨きに関しては、言うまでもないですが極力サボらないようにしたいものです。

寝ている間が最も口の中の細菌が多くなるので、いかに歯が丈夫であろうと就寝前の歯磨きは不可欠と言えるでしょう。

スポンサーリンク

ただし歯ブラシだけでは不十分

上記の内容は大多数の方が常識的にご存知かと思いますが、歯磨きをする際に(歯磨き粉を付けた上で)歯ブラシだけしか使用しないのは不十分であるということも、同様でしょうか?

実は、歯ブラシだけでは歯垢の60%程度しか除去できないそうです。

以前テレビで特集していたり、歯科医院で言われた経験もあるので確かだと思います。

考えてみればそりゃそうですよね…

現在は良質な歯ブラシが多く市販されていますが、それでも歯と歯の狭い隙間に詰まった歯垢までしっかり落とすのは、事実上歯ブラシだけでは構造的に無理です。

私は、お恥ずかしながら子供の頃は歯に関してどちらかというと無頓着な方だったので、毎日磨いてこそいたものの、歯ブラシ以外のものは基本的に使用していませんでした。
その結果、元々歯の弱い家系であることも相まって、歯に関しては結構散々な目に遭ってきました(T_T)
それこそ、「根管治療」のような恐怖としか言いようがない治療も経験しました…

しかし、上記の事実を知ってからは歯ブラシ以外のアイテムも使ってケアをするようになり、それ以来虫歯も含めた歯に関するトラブルに見舞われることはほぼなくなりました♪

その歯ブラシ以外のアイテムとは、以下の2つです。

歯間ブラシ

歯冠ブラシ 実物

テレビCMや店頭でもよく見ますよね。

画像のように細い形状で、歯と歯の間にブラシの部分を入れて歯垢を掻き出すように使用します(ブラシの下の部分が黄ばんでいるように見えますが、おそらく元々の毛の色で一切使用していない新品ですw)。

ただし、歯間ブラシが自分の歯と歯の隙間よりも大きいなどサイズが合わない場合、歯茎を傷つけて出血するようなこともあるので、ご自分に合ったサイズのものを選びましょう。

また、歯間ブラシの軸の部分に使われている針金が飛び出したりしてそれも歯茎を傷つける原因になるので、その点も注意しましょう。

最近はブラシの部分がゴムでできた商品もありますので、どうしても従来の歯間ブラシでは不安だという方は、そちらを使用してみても良いかもしれませんね。

デンタルフロス

デンタルフロス 実物

いわゆる「糸ようじ」のことですね。略して単に「フロス」と呼ばれることもあります。

一般的には、上の画像のような持ち手が付いているタイプのものをイメージする方が多いかと思います。

糸の部分で歯間部の汚れを取り除くことができます。

私もこのタイプのものを使っています。

一方で、歯科医院で使われるような糸だけのタイプもあります。

そちらの方がよりしっかりと汚れを落としやすいようですが、歯科衛生士さんによれば、使い慣れるまでには練習が必要とのことなので、持ち手のあるタイプの方がお手軽に使えます。

スポンサーリンク

最低でもどちらか一方は使おう

理想は「歯ブラシでの歯磨き+上記2つを使う+マウスウォッシュ等でうがい」などが良いのでしょうが、毎日そこまでするのは手間ですよね?(もちろん全く手間に感じない方は行いましょう)

それに、仮にそこまでしたところで完全に100%口の中の汚れを落とすのはほぼ不可能なようですので、どこかで妥協点を決めることになるでしょう。

ちなみに私の場合は、就寝前の歯磨きに限っては、歯ブラシ+デンタルフロス+マウスウォッシュ、といった感じで行っています(舌クリーナーを使うこともあります)。
(起床後や食後・外出前は、歯ブラシのみor歯ブラシ+マウスウォッシュの場合が多いです)

なお、歯間ブラシは使っていません。
もちろん試しに何度か使用してみたことはあるのですが、どのサイズのものを使っても上手く歯間に入らず出血したりしたのでやめました(笑)
ただ、前述のようにゴムタイプのものであれば何とかなりそうな気もするので、いずれ使ってみるつもりです。

しかし、(歯ブラシ以外では)歯間ブラシを使わずデンタルフロスだけでも使うようになってからは、これといった歯のトラブルには見舞われていないので、私の場合は現在の磨き方で十分ではないかと思っています。

もちろん、先述のように個人差がありますのでもっと入念にした方が良い方もいらっしゃるでしょうし、もう少し手抜きでも大丈夫な場合もあるでしょう。

ただし、個人的には「就寝前の歯磨きだけでも歯ブラシ+歯間ブラシorデンタルフロスは使用した方が良い」と考えます。

いかに歯や歯茎が丈夫であろうと、さすがに歯ブラシだけしか使わなくて歯垢の6割程度しか除去できない状態が毎日続くのでは、何らかの歯のトラブルを招く危険性が高いと言わざるを得ません。
歯の隙間の汚れは、想像以上に取れていないものですので…

というわけで結論として、歯磨きにおいて歯ブラシしか使っていない方は、極力デンタルフロスか歯間ブラシ(あるいは両方)をプラスで使用することをお勧めします。

…あぁ、子供の頃の自分に言ってやりたい(^_^;)

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク