スポンサーリンク

一日の中で複数の事があまりできなくなっている気がする。

活動 ダルい イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

以前から感じていることですが、私は一日の中で複数の事ができなくなってきているような気がします。

丸っきりできていないわけではありませんが、そう感じる日が少し前から続いているように思うのです。

今回は、その個人的な事情についての内容です。

一日に複数の事ができない・・・とは?

具体的にはどういうことかと言うと、「一日の中で何か一つの事をしたら他の事がろくにできない」という感じです。

たとえば、何か外出する用事があって「帰って来たら~しよう」と思っていてもできない、なんてことは頻繁にありますね。
また、個人的な活動に限っても(私の趣味の一つは創作活動なわけですが)、暇な日に「今日は読書をして創作活動をしよう」と決めていても、読書だけしかできなかったり…といった具合ですね(逆のパターンもあります)。

このブログだってそうですよ。
他に何かするつもりがあっても、ブログを更新したらその日は(時間はあるにもかかわらず)大してそれ以外の事ができないまま一日が終わる…なんて日もあります(笑)
特に、ブログ更新と創作活動が同じ日にできたことなんて、数えるほどしかありません。
外出する用事があった日も、ブログの更新はなかなかできないですね。

といったように、一日の中で複数の活動をするのに困難を感じているわけです。

これを考えると、学生の頃(小・中・高含む)なんてよくあんなに活動できていたよな~なんて思いますもんw
学校から帰ってきて課題をしたり遊びに行ったり…部活動をしていた時は放課後そちらに精を出していましたしね。
まぁこれらは、子供の頃だったからこそ成せる業である部分は大きいでしょうけどね(^_^;)

大人になってからは、なかなかそうもいかなくなりました。
就労移行支援に通っていた頃も働いていた頃も、(そんなに長い時間ではなかったにもかかわらず)帰宅後はほぼ何もできていなかった日が多かったように思います(食事・入浴や最低限の家事等生活上の事はしていましたよ)。

いや、働くことも含めて定期的にどこかへ通っているなら、帰ってからは時間がなかったり疲れて何もできないというのは分かるんですよ。
同じような方は、きっと他にもいらっしゃるでしょうからね。

今問題にしているのは、一日中外に出ない日でもそういう事が多いという点です。
体力的に消耗しているわけでもないのに、どういうことなんでしょうね?

スポンサーリンク

原因として思い当たる事

何でもかんでも病気と結びつけるのもどうかとは思いますが、やはり統合失調症であることは全く無関係ではないでしょうね。
統合失調症(特に急性期が終わった後)の人が疲れやすいというのは、よく言われていることですし…

やはり、ちょっとした事で疲れてしまうというのはあるでしょう。
私も、一つの活動でエネルギーを使い果たしてしまっているのかもしれません(^_^;)

以前、統合失調症の人には情報の過負荷が生じやすいという話をしましたが、そちらも関係していそうです。

多くの情報に接していると大きな負荷が生じて疲れてしまう、という私が最近自覚する状態についてお話ししています。私自身の実感について振り返った後、統合失調症の人は特にそういう過負荷が起きやすいという旨にも触れています。情報をあえてシャットアウトする必要性についても述べています。

まぁ元々の私の体力がないから…というのも大いにあるでしょうけどねw
体力がない上にこういう状態になっているのなら、なおさらですね(*_*)

統合失調症に話を戻すと、病気の経過で言うなら、現在の私は回復期に近づきつつある消耗期(休息期)だと思っているので、疲れやすいのにも一応納得はいきます。

ただ幸いなことに、最近では外出を伴う用事がありかつ出向くことができる日も増えてきたので、良い方向に向かっているんじゃないかとも思っています。
少なくとも、一時期のような「THE・引きこもり」みたいな状態ではありませんw

そもそも、以前「何もできない日がある」みたいな話をした覚えがあるのですが、今「複数の事ができない日がある」となっているあたり、グレードアップした感はありますよね(笑)

というわけで、依然歩みはゆっくりで波もありますが、無理をせずかつ少しでもより良い状態を目指して日々を過ごしていきたいと思います。

今回ネガティブな出だしでしたが、何だかんだで最後良い感じに終われた…かな?(^^)

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク