スポンサーリンク

「人の愚痴を聞くのが好き」ってそんなに変ですかね?

愚痴 イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

愚痴…日々の中で、誰もが一度ならずともこぼしたことがあるかと思います。

私も愚痴ってばかり…ではないつもりですが、ふとこぼしてしまう時は往々にしてあります(^_^;)

今回は、その愚痴を「聞く側」について話題にしています。

個人的な所感の話ですので、ご興味のある方はどうそ(^o^)

愚痴を聞くのが好きだと言うと大体驚かれる

タイトルにもある通り、私は人の愚痴を聞くのが好き…はちょっと言い過ぎかもしれないですが、少なくとも苦ではありません。

その旨を何人かの友人や知人に話したこともありますが、その度にほぼ必ず驚いたような反応をされます。

「そ、それはちょっと変わってるね…(@_@;)」
とか
「え~!そんな事言う人初めて見た!面白~いww」

みたいなことを言われたりします(笑)

確かに愚痴は、言ってもどうしようもないマイナスな事を嘆いているだけなので、良い意味に捉えられることはまずないですよねw

愚痴をしょっちゅう言っている人に対して「こいつ、いつも愚痴ってばっかりでウゼーな…」などと苛立ちを覚えた経験がある人は、大勢いらっしゃるでしょう。

「愚痴ってる暇があったら、その状況を少しでも良くする努力をしろよ!」などと思う気持ちも分かりますし、それがごく自然な反応だと思います。

スポンサーリンク

何故苦にならないのか

そこまで言っておきながら、自分はなんで愚痴を聞くことが苦にならないのか改めて考えてみました。

一つは、単純にその内容に共感できる場合があるからです。

愚痴には、その人の不平・不満・悩みといったやりきれない鬱屈した心情が見え隠れしているので、自分が同様の心情を抱いたことがあるなら、共感できる点はあるはずです。

同じような気持ちを吐露している人がいると、「この人も自分と同じ思いをしてるんだな…」と、何だか安心したような心持ちになるのです。

特に私なんかは、つまらない事であれこれ悩んだり不愉快になることが多いので、共感できるマイナスな心情の数自体が多い故に、そういう場合が多々あるのかもしれません(笑)

もう一つは、(愚痴を言っている)相手が自分と同じ人間であることを実感できるからです。

……ちょっと何言ってるか分からない感じがしてきましたが、あぁそんなに急いで閉じようとしないでください(^u^)

ここで言っているのは、愚痴の中身ではなく愚痴をこぼしている事そのものに関してです。

人間は、大なり小なり何らかの悩みを抱えて生きていますよね?

今はこれといった悩みがなくても、少なくとも生まれて一度も何かに悩んだ経験がない人などまずいないでしょう。

ところが、自身が悩ましい問題に直面するとその事で一杯いっぱいになって、前述の事を心得ておく余裕もなくなります。

そして、他の人が(程度の差はあっても)自分と同じく何かに悩んでいることさえも忘れてしまう場合だってあるかもしれません。

そんな時に誰かがこぼした愚痴を聞くと、「この人も色んな事に悩む人間なんだよね…」と、自分と他者の間に感じる隔絶が少し埋まったような気さえするのです。

以上のような理由があるため、私は愚痴を聞くのが苦にならず、時に関心を持って聞く場合もあるわけです。

…と言っても、これは別に自分では(客観的に見ると)何も良い事だとは思っていませんw

ここまで述べたことを踏まえると、言わば自分の安心のために愚痴を聞いている側面があるので、私のエゴによるものだとも言えます。

ですので、どのように思っていただいても構いませんが、決して褒められたものではないですね(^_^;)

ただ、実際に愚痴を言っている人に対してまずい対応はしていない…つもりです。

愚痴をこぼす人は、それがおおよそどうしようもないものであることくらい分かっているんですよ。

むしろ、だからこそ行き場のない思いをついつい吐き出してしまうのでしょう。

したがって、そういう場合は悩みや問題の解決を求めているのではなく、ただ自分の気持ちを分かってほしいという心情で思わず口にしていると考えられます。

そんな時は、共感を示す相槌は多少打つにしても、否定を含めた余計な反応をせずに相手の話を受け止めてあげることが適切かと思うので、実際の場面でもそのようにしています。

まぁその時々で相手がどう感じているかは分かりませんが、心掛けとしては間違ってない…ですよね?(^_^;)

スポンサーリンク

もちろん限度はありますよ!

私が以上のような性質を持つからといって、どれだけ愚痴を言われても構わない…なんてことはありません(笑)

口を開けば愚痴しか出て来ないような人に関しては、さすがに苦々しく思ってしまいますw

特に、(自分も知っている)誰かの悪口が大半を占めるような場合は、共感を示しながら聞くことはできません(^_^;)

状況そのものに対する不満をこぼすくらいならまだ全然可愛い方だと思いますが、特定の人物の悪口を長々と聞かされて気持ちいいという人は、いくらなんでもいないはずです。

まぁ悪口を連発するようなことは控えるにしても、ちょっとくらい思わず愚痴ってしまうのは別に良いんじゃないかと私は思っています(^^)

…周りの身近な人たちを思い浮かべてみて、「そういえばこの人、いつも自分の愚痴を嫌な顔もせずに聴いてくれているな…」という人が思い当たるなら、その人のことをこれからも大切にしていきましょうね。

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク