スポンサーリンク

リアルよりネット上のコミュニケーションの方が苦手だった。

インターネット コミュニケーション イメージ

ごきげんよう、ゆーひーです。

今回はリアル(ネット以外の場)とネット上のコミュニケーションについてのお話です。

と言っても内容は極めて個人的ですし、「唐突に何言ってるんだ…?w」などと思われるかもしれません(笑)

ご興味のある方だけお読みいただければと思います。

ネット上のコミュニケーションが苦手

かなり以前から自覚していましたが、私はネット上のコミュニケーションが苦手のようです。

理由を一言で表すなら「不安だから」です。

何故不安なのかと言うと、「やり取りにおいて相手から得られる情報が少なすぎるから」です。

※ここで言う「情報」とは個人情報等ではなく、相手が発する内容に付随するものです(表情や声色等)。

ネット上では、おおよそ文字(言葉)でのやり取りが基本になりますよね?

その場合は、字面の内容だけから相手の言わんとしている事を読み取らなければなりません。

実際のところ、言葉のみによって伝えられるメッセージはかなり少ないようですからね。

コミュニケーションにおいて、言語によるものを「バーバルコミュニケーション」、言語以外によるもの(たとえば話し方や仕草など)を「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、メッセージに関して後者が占める割合の方が遥かに大きいそうです。

このため、ネット上のやり取りで相手から得られる(上記の意味での)情報が少ないのは当然で、その点で私はどうしても不安を覚えてしまいます。

相手のメッセージの様子から「もしかして怒っているんじゃないだろうか…?」などと考えたり、自分がメッセージを送った後で「誤解を与えるような言い方になってしまったかもしれない…」と心配したりして、余計な気ばかり遣ってしまうのです。

実際は、そのように懸念した事が現実になった記憶はこれまでほぼ(多分一度も)ないのですが、余計な心配だと分かっていても上記の事を考えてしまうわけです。

通話の場合だといくらかマシにはなりますが、やはり不安は拭えません…
ビデオ通話などは、(特に病状等の理由で)カメラに映るのが個人的にアウトなので論外です。

なお、「ネット上のコミュニケーションの方が楽」という方はたくさんいらっしゃることでしょう。

確かに、やり取りで得られる情報が少ない分必然的に気を回す対象自体は少なくなるので、(先述の件が平気なら)その点でコミュニケーションに気軽さを覚えるのは至って真っ当な感覚だと思います。

しかし、私の場合は逆ではないかとここのところ実感しています。

ネット上のやり取りが苦手なのは既に述べた通りですが、私はリアルでのやり取りも苦手だとこれまで思っていました。

ところが割と最近になって、どうもそんなこともないように感じているのです。

つまり、リアルでのコミュニケーションは苦手どころかむしろ(ネットと比べると)得意なんじゃないか?ということです。

思えば、これまでリアルのやり取りでは(お互いがどう感じていたかや内容等は別にして)困難を覚えた経験がそれほどありません。

相手が直接言葉にはしていない事でも、表情や声のトーン、身振りなどからある程度の事を読み取るのは比較的容易です。

実際の場面でも、相手の気持ちや意図を汲み取ってその場で適切な言動を発しているつもりです。

汲み取りすぎて、何度か「人の心が読めるんじゃないか」と疑惑をかけられたこともあります(笑) ※読めません

そのため私にとっては、直接話をしたりする方が随分とハードルが低いようなのです。

考えてみれば、今まで周囲の人たちから「人と接する仕事向いてるんじゃない?」などと言われることは度々ありました。

その時は「そんなわけないだろ…」と、できないものと決めつけて意に介しませんでしたが、今になってそう言われた意味が分かってきた気がします(遅い)。

というわけで、リアルでのコミュニケーションの方がネット上のそれと比べると、(自分の適応的な意味で)まだマシだと改めて自覚した次第です。

まぁ多少疲れるのはどちらにせよ変わりませんけどね…(笑)

そして、ネット上でのコミュニケーションは何をどうしても苦手意識が拭えないこともはっきりしました。

個人的には、「リアル」と「ネット」の二項対立的に捉える考え方は好きではないのですが、その形態の違いで自身にも種々の差が生じている以上、今回の内容についてはそのように見るしかありません。

スポンサーリンク

SNSのアカウントは消しました

そういうわけで、(リアルでの繋がりもあるものを除いた)SNSのアカウントは消しました。

SNSと言っても、「LINE」は連絡手段として今や欠かせないので消さないですし、「Facebook」や「Instagram」等はそもそもやっていないので、消したのは実質「Twitter」のアカウントだけですね。

見ていて参考になる事は多かったですし、同じような悩みを持つ方々と繋がれるのは魅力的だったのですが、どうしても嫌になってしまいました…

自分からあまりフォローできなかったり絡んだりできなかったのも、先述のような事情があったからです。

別に誰かとそんなに絡まなくてもマイペースに自分の呟きたい事を呟けば良いのでしょうし、私自身もそのように考えてはいたのですが、Twitterをやめた理由は他にもあります。

一つは、自分はTwitter(を含めたSNS)の使い方が絶望的に下手だとはっきり自覚したからですw

絡めない点については既に述べた通りですが、何らかの反応をされる程度の投稿がろくにできず、Twitterを続ける意味を著しく見失いました。

このブログに関しては、当初からの目的が「自分の考え・知識や時々で思った事・感じた事を気まぐれにまとまった形で表出すること」なので、最悪何の反応がなくてもそれほど気にはしません(もちろん反応を頂けるのは嬉しいです)。

ですが、SNSはやはり相互交流という側面が大変強いですので、そこに困難を感じるなら続けていても重荷になるだけです。

もう一つは、単純に私のキャパオーバーですね(笑)(これが一番大きいかも…)

実は私はこの「ゆーひー」以外にも複数の名前でそれぞれの活動をしているのですが、最近活動の量や内容が増えてきて、時間的にも精神的にもちょっと私の容量を超えてしまった感があるのです。
なので、その負担を少しでも減らすためのやむを得ない措置でもあります。

そういうわけですので、Twitterに関してはフォローしてくださっていた貴重な方々には申し訳ありませんが、アカウントは抹消致しました。

私がいなくなったところで気にされる方が果たしておられるのか分かりませんが、特にやり取りさせてもらった数少ない方々には感謝しています。

皆さんそれぞれの状況で頑張っておられますから、今後SNS等で接することはないにしても、陰ながら幸せを願っております。

ひとまず、SNSからはさよならです。

スポンサーリンク

ブログは続けますよ

念のため申し上げておきますが、このブログはこれまで通り続けます。

気まぐれに表出する場がなくなるのもまた、個人的に困りますからね(^_^;)

閲覧してくださる方々が想定より多くいらっしゃることや、これまでブログにメッセージをお寄せいただいた方々のことを考えても、誰からも見向きもされていないなんてことはないようです。

また、散々「ネット上でのやり取りは苦手」と言ってきましたが、反応を頂ける事自体は嬉しく思っておりますので、このブログを通して何かメッセージ等があれば(悪質なものを除いて)必ずご返事致します。

こんな身勝手な私ですが、「こいつまたなんかわけ分からない事書いてるよw」くらいの気持ちでいらしていただけると幸いですm(__)m

…以上、またもやつまらぬ自分語り…からのSNS卒業宣言(事後報告)でした(笑)

今後も更新はマイペースに続けていくつもりですので、よろしくお願いします。

それでは、今日はここまで。

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます<m(__)m>
応援ついでにクリック頂けると励みになります♪

~シェアはこちらから~

スポンサーリンク